AISA IJIRI

Piano
 

ENGLISH

Following her sensational debuts at Tokyo Opera City (2010) and Carnegie Hall, New York (2017), Aisa Ijiri has established herself as one of the award-winning pianists of her generation and has been described as, “a special talent whose European sophistication, fierce passion and poetic sentiment create an artistic atmosphere”- Record Geijutsu, Tokyo.

Born in Japan, Aisa made her European debut at the age of 15 as a concerto soloist at the Philharmonic Hall, Warsaw and as a recitalist at the Konserthuset, Stockholm. Since then, her performance career has taken her to the U.S.A, the U.K, Korea, China and all over Europe.

Aisa has given regular piano solo and chamber music concerts at many prestigious venues including Wigmore Hall (London), Southbank Centre, Sadler’s Wells Theatre, Cadogan Hall, Fairfield Halls, St. John’s Smith Square, St. Martin-in-the-Fields, St. George’s Bristol, Kioi Hall (Tokyo), Izumi Hall (Osaka) and at international music festivals including Wimbledon International Music Festival, Three Choirs Festival, Lichfield Festival, and the Chopin Festival in Duzniki-Zdroj. Her concerts have been broadcast on Classic FM, BBC1 Television, BBC Radio 3, Radio Television of Serbia, Radio Beograd, N1 TV and CNN Worldwide. In 2009 Aisa was awarded a “Cultural Engagement Award” by the Mayor of Shiga in Japan as the youngest ever winner.

As a soloist, Aisa has performed piano concertos with the Osaka Century Symphony Orchestra (Kentaro Kawase, Ken Hsieh), Orchestra Musica Celeste (Yasuo Shinozaki), Orion Orchestra (Toby Purser), Bushey Symphony Orchestra (George Vass), Salonorchester Alt Wien (Udo Zwölfer) among others. In 2019, she gave an acclaimed performance of Beethoven’s Piano Concerto No.5 ‘Emperor’ with the Kansai Philharmonic Orchestra under the baton of Sachio Fujioka.

 

Aisa released her debut album “Pilgrimage” (2011) and second album “Ailes d’amour” (2016) on N.A.T Records, Japan. Two albums, “SAKURA” (2014) and “PRELUDES” (2015), for which the piano solo music was composed for her by Llywelyn ap Myrddin, were released on WW Records in London and chosen for a highlight feature on BBC Radio 3. In 2019, Aisa played the world premiere of a new single ‘Until We Meet Again’ written by Hollywood film composer Martin Tillman;  a recording of the performance with Aisa  as the soloist with the Prague Symphonic Ensemble was released in 2020. In a same year, a piano solo piece ‘Aisa : Sand, Silk and Love’, was dedicated to her by Schott Music composer Melanie Spanswick and was published by Schott Music in the Schott Edition Series. Aisa is an official recording artist for ‘SPIRIO’ by Steinway & Sons.

Aisa has become a cover artist and has become a cover artist and has featured in many international television series, feature films and publications such as CNN Style, Steinway Film, Steinway & Sons Magazine, Clivedale London, Lark Music, Musica Nova, Wannabe Magazine, Diplomacy & Commence, Shiga Bank Magazine and Opinion Leader among others. In 2019, she played the role of pianist in the  film “AISA” directed by Marco della Fonte, and produced by Lost Pictures Ltd in Florence.

Aisa is a graduate of the Kungliga Musikhögskolan, Stockholm (Bachelor’s Degree), Guildhall School of Music & Drama (Master’s Degree) and the Royal College of Music, London (Artist Diploma). In 2018, she was appointed Honorary Representative for the Royal College of Music, London.

Aisa is an official Steinway Artist and the Artistic Director of the Tokyo International Piano Association (Japan) and the Montecatini Piano Festival (Italy).

 

JAPANESE

井尻 愛紗

  • ーロッパ的な洗練された素養、激しい情熱、詩的な感覚が、美しい芸術を作り上げている
    (『レコード芸術』) 
  • 歌心と聴く者を鼓舞するリズム感の良さが魅力的なピアニスト(『CDジャーナル』) 

14歳でワルシャワのフィルハーモニー・ホールにてピアノコンチェルトを共演、翌年ストックホルムのコンサートハウスでリサイタル・デビューを飾って以来、バース国際音楽祭、リッチフィールド国際音楽祭、スリー・クワイア・フェスティバル (Three Choirs Festival | 音楽祭議長チャールズ皇太子)、ウィンブルドン国際音楽祭他、世界一流の国際音楽祭や、ロンドンのヴィグモア・ホール、紀尾井ホール、いずみホールなど最高峰のコンサートホールより招待を受け、ヨーロッパ各地、アメリカ、中国、韓国にてピアノリサイタル、室内楽コンサートを開催。 その演奏は、クラシックFM、英国放送協会BBC Radio3、セルビア国営放送RTS、N1テレビ、ラジオ・ベオグラード、アメリカ合衆国CNNテレビの特集でも放映され、世界的な反響を呼んでいる。

ソリストとしては、阪センチュリー交響楽団(川瀬賢太郎指揮 | ケン・シェ指揮)、オーケストラ・ムジカ・チェレステ(篠崎靖男指揮)オリオン交響楽団 (トビー・パーサー指揮) 、ブーシー交響楽団 (ジョージ・ヴァス指揮)、ウィーン・サロン・オーケストラ ‘Salon Orchestra Alt-Wien’ (ウド・ツヴェルファー指揮) 、関西フィルハーモニー交響楽団(藤岡幸夫指揮)他、国内外のオーケストラとピアノコンチェルトを共演。2010年、東京オペラシティにてデビューリサイタル、2017年には、ニューヨークのカーネギー・ホールにて見事なデビューを果たし、その繊細な音楽性に満ちた演奏は絶賛された。

ストックホルム王立音楽大学演奏家学士号、ギルドホール音楽大学演奏科修士号、また英国王立音楽大学アーティスト・ディプロマ(国家演奏家資格)並びに最優秀賞を取得。2009年、滋賀県文化奨励賞を史上最年少で受賞。2010年、スタインウェイ・アーティストとして認定。2015年には、スタインウェイ・スピリオ・レコーディング・アーティストとして契約。2016年、東京国際ピアノ協会 (TIPA) 芸術監督として就任。2018年、英国王立音楽大学 (RCM) 名誉代表と任命。2019年には、音楽祭芸術監督としてイタリアにて 『モンテカティーニ・ピアノ・フェスティバル』を立ち上げた。2020年、ユーロ・アーツ・アカデミーのピアノ教授に就任。ヘイスティング国際コンチェルトコンクール、ノメア国際ピアノコンクール他、数々の国際コンクールの審査員も務めている。

これまでに、NATプロデュースによるソロ・アルバム『井尻愛紗・ピアノと歩む巡礼の旅・ピルグリマージ』、『愛の翼|エール・ダムール』、WWレコードプロデュースによるサクラ・SAKURA』、『プレリュード』、プラハ・シンフォニック・アンサンブルと『マーティン・ティルマン:また会う日まで (アンティル・ウィー・ミート・アゲイン)』をリリース。

ピアニスト・マガジン』『ラーク・ミュージック』『スタインウェイ・マガジン』『CNN・スタイルなど音楽雑誌やテレビ番組では、特集モデルに取り上げられ表紙を飾る。また、マルコ・デラ・フォンテ監督のイタリア映画 『AISA : ペトラルカのソネット​ 104ではピアニストの主役を演じ、ハリウッド国際映画祭2020にてベスト・エクスペリメンタル賞を受賞した。ほかにも、英国ロイヤルオペラハウスのコンサートマスターヴァスコ・ヴァッシレフや、ハリウッド映画界でエミー賞にノミネートされた作曲家マーティン・ティルマンと、斬新な音楽プロジェクトやライブショーを数々繰り広げている。 

2022年には、東京国際ピアノ協会(TIPA)芸術監督として、セルビアの首都・ベオグラードにて、新しい時代の音楽の祭典『ベオグラード・ピアノ・クラシックス』、ヴルシャッツにて『セルビア・ジャパン・フェスティバル』を開催する予定。

TESTIMONIALS

“… Aisa Ijiri is a special talent whose European sophistication, fierce passion and poetic sentiment creates a lyrical atmosphere. A demanding selection of the chefs- d’oeuvre of both Schumann and Liszt was performed with crystal texture, clear touch and an inspired use of the pedal. The beauty in this debut CD certainly shows her potential! ”  

The Record Geijutsu, Japan

“…It is amazing how Aisa exhibits not only a great degree of lyricism, but she also dares to show such boldness in these two pieces. She truly shines when her technical talent is on display, especially with Après une Lecture de Dante -Fantasia quasi Sonata- from Années de Pèlerinage, Italie. All in all, this is a surprising CD from a promising pianist… “

Pianowereld, Holland

“An exceptionally creative artist, blessed with a vivid performance temperament. Aisa Ijiri possesses innate musicianship which is harnessed to a virtuoso technique.”

Gordon Fergus-Thompson

“Aisa Ijiri is a radiant and poetic artist, her repertoire wide and imaginative, her pianism always at the service of the composer.”

Andrew Ball