井尻 愛紗 ピアニスト

「感受性に満ちた鮮明な演奏、優れた創造力を持つアーティスト。井尻愛紗のもつ先天的な音楽性は、そのヴィルトゥオーゾなテクニックと密接に結びついている。」

7歳にて、京都府民ホール・アルティで開催されたピアノコンサートシリーズに最年少ピアニストとして招かれ、ベートーヴェンのピアノソナタを披露。日本国内またヨーロッパで開催された国際ピアノコンクールにて優勝・入賞。14歳にして、ワルシャワ・フィルハーモニック・コンサートホールにてピアノコンチェルトを共演、翌年ストックホルム・コンサートハウスにてリサイタル・デビューを飾る。以来、ハンガリー、ポーランド、フランス、イタリア、ベルギー、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ、セルビア、英国、アメリカ、韓国、中国や日本国内で、コンサート・アーティストとして国際的な演奏活動を行っている。

2004年ストックホルム王立音楽大学演奏科学士課程を卒業。2005年ギルドホール音楽大学演奏科修士号を受賞。2007年英国王立音楽大学アーティスト・ディプロマ(国家演奏家資格)並びに、最優秀賞を取得。ステファン・ボイステン、アンダース・シルストローム、ポール・ロバーツ、アンドリュー・ボール、ゴードン・フェルグス・トンプソン各教授に師事。2007年ロンドン・デビュー、2010年東京オペラシティにてデビューリサイタルを開催、その繊細な音楽性に満ちた演奏は絶賛された。

これまでに、オランダ国際音楽会議、リーズ国際コンサート・シーズン、バース国際音楽祭、リッチフィールド国際音楽祭 '13 (スポンサー:BMW)、Three Choirs Festival '14 (音楽祭議長:チャールズ皇太子)、ウィンブルドン国際音楽祭 '15,、ショパン音楽祭 IN ドゥシニキ、ベオグラードフィル / 国際ピアノフェスティヴァル、Cadogan Hall、Fairfield Halls、LSO St.Luke's、St.John's Smith Square、St.George's Bristol、Kolarac Hall、いずみホール、紀尾井ホール他、世界一流の国際音楽祭やコンサートホールより招待を受け、ソロリサイタルや室内楽コンサートを開催。その演奏は、英国放送協会BBCテレビ、マルタPBSテレビ、セルビア国営テレビRTS、アメリカ合衆国衛星テレビCNNでも放送されている。コンチェルトソリストとしては、大阪センチュリー交響楽団と、ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番(川瀬賢太郎指揮/2007年)、ショパン・ピアノ協奏曲第1番(ケン・シェ指揮/2008年)、オーケストラ・ムジカ・チェレステ(篠崎靖男指揮/2009年)とグーリーグ・ピアノ協奏曲、英国ではオリオン交響楽団 (Toby Purser指揮/2015年) とリスト・ピアノ協奏曲第2番、クランブルーク交響楽団、ブーシー交響楽団 (George Vass指揮/2016年)とモーツァルトのピアノ協奏曲を共演。2011年、NATプロデュースによるピアノソロ・アルバム『Pilgrimage-ピアノと歩む巡礼の旅』をリリース、2016年には待望の2枚目『Ailes d'amour - 愛の翼』をリリースしている。同年、ニューヨークのスタインウェイ社が開発した最新ピアノ・iPadで制御された自動演奏システム "SPIRIO" のレコーディング・アーティストとして契約された。

また現代音楽の世界初演の舞台も数多く、2005年にはジョージ・ベンジャミン指揮/ロンドン・シンフォニー・オーケストラ共同プロジェクトにて、オーケストラとピアノの為の作品を共演・収録。Brighton Japan Festival '13 にて世界初演した若きウェールズ出身の作曲家ルウェリン・アプ・ミルディンのピアノ曲『SAKURA』は、英国放送協会BBC Radio3にてブロードキャストされ、2014年 WW Records プロデュース『SAKURA』をリリース。その反響により、アプ・ミルディンの新曲ピアノソロ作品とリミックスを加えた斬新なシングル 『WW 2.0』 (2015年) と『PRELUDES』 (2016年) が、同レーベルでリリースされている。

2005年英国マーロー音楽祭リサイタルコンクール全部門を含め最優秀賞、2006年マーロー国際コンチェルト・コンクール第1位受賞、2009年滋賀県文化奨励賞受賞。2010年Steinway&Sons社より、最年少日本人スタインウェイ・アーティストとして認定。2014年、欧州委員会(European Commission)より英国代表アーティストに推薦され、EU文化発展プロジェクトに貢献するコンサートとマスタークラスを開催。

今年3月、ニューヨークのカーネギー・ホール・デビュー!また、ロンドンで人気の美容雑誌 『We Believe In Beauty』にて今月の美・インタビューに掲載され、国際女性デー '17では、'UN WOMEN' 推薦雑誌『Opinion Leader』の特集モデルに取り上げられ表紙を飾るなど、世界から注目を浴びている。

東京国際ピアノ協会 (Tokyo International Piano Association) 芸術監督。www.tipa.jp